廃車引取・買取・販売は、創業50年以上の信頼と実績のサクライへ!!

ホーム>>環境への取り組み

サクライの環境への取り組み

サクライの環境への取り組み
21世紀に入り地球環境保全が世界の課題になりました。
自動車業界も環境に対して負担を与えています。
株式会社桜井では自動車リサイクル法をはじめとする環境法規制を尊重し、自動車リサイクル部品の販売と使用済み自動車の適正処理を通して産業廃棄物減少に貢献していきます。

また、エネルギー政策が見直される注再生可能エネルギーへの転換が叫ばれる時代になりました。

当社では温室効果ガスの削減貢献両を増やす為、自社に太陽光発電を一早く取り入れる事で自動車解体業以外の部品でも社会に貢献すべく邁進していきます。
  • 太陽光パネル写真1
  • 太陽光パネル2
  • リサイクル写真

リサイクルを超えたリユースの考え方。

自動車解体業者はたくさんありますが、その全てが同じ方法で車を解体し、 同じようなリサイクル処理をしているわけではありません。

現在、日本国内では1年間に約400万台もの車が廃棄処分されています。
以前はその大半が、シュレッダーダストという、細かく砕かれた廃棄ゴミとなって埋め立てられていました。

また、車に使われていたフロンガス、不凍液、オイルなどは適正に処理されず、中には垂れ流しにしてしまう業者もあったのです。

自動車リサイクル法の施工もあり、現在は1台の車体から、エンジンや部品、鉄材など平均して約80%の部分がリサイクルされるまでになりました。

株式会社サクライでは、車にもよりますが、ほぼ95%のリサイクルを実現しています。

リサイクルできる部分が多ければ多いほど、引き取り時の車の価値が上がるのですから廃車料が安くなる可能性が高くなり、ユーザーの方にとってもお得です。

車が自然破壊、環境汚染のもとになるのを食い止めよう、きれいな地球を取り戻そう、そういう意識を持って真剣にリサイクルに取り組む業者こそが、結局は誰にとっても優良な業者と言えるでしょう。

車の再生と地球の再生とは、切っても切れない関係にあるのです。

自動車解体業者を選ぶときは、廃車した車をどのように処理しているのかをきちんと説明している会社を選ぶ事が、安心につながります。

株式会社サクライでは、1台の車から丁寧に解体し、再生する事で、リサイクルを越えたリユースの考え方で処理をしています。

株式会社サクライでは解体された部品は、国内をはじめ海外の多くへと輸出され再び活用されています。

太陽光発電を通して環境、社会へ貢献します。

太陽光発電

引取費用・廃車費用無料!!
送料は当社負担!!
スマートフォン版はこちら
yahoo!オークション
必要書類pdfダウンロード
adobe reader

必要書類のPDF閲覧表示 にはadobe社製のプラグインが必要です。お持ちでない方は上記バナーより取得して下さい。

安い車修理なら「NGPエコひろば」へ
環境への取り組みについて
廃車王
廃車買い取りのサクライ
ISO/IEC 17021
ISO 14001
totop