廃車引取・買取・販売は、創業50年以上の信頼と実績のサクライへ!!

ホーム>>良くある質問Q&A

良くある質問Q&A

お客様から頂く事の多いご質問をQ&A形式でまとめました。

買い取りについてのご質問

書類手続き完了はきちんと確認できますか?
弊社では、書類手続き完了の際には、郵送にて完了通知を発行しています。
およそ2週間から1ヶ月で完了通知が届きます。
大切な印鑑証明書等をお預かりする訳ですから、完了の通知がなければ当然不安になるでしょう。
弊社では、必ず通知を申し上げますので安心して依頼を頂けると存じます。
2~3年以上動かしていない、タイヤがついていないですが引き取りにきて貰えますか?
弊社の専門スタッフがお伺い致すますので、殆どの車に関して、問題なく引き取りをしております。
また、タイヤがついていない場合等につきましては、状況により引き取りが可能な場合と不可能な場合がありますので、直接受付担当者までご相談いただければと思います。
買い替えの際に販売店に廃車の相談をしたら30000円掛かると言われた。
弊社は専門店の為、新車ディーラ・中古車販売店で廃車料金が発生すると言われた車について、無料での処分が可能となります。
また、有料となる場合であっても、安価での処分が可能です。
買い替えの際には迷わず弊社へのご相談を宜しくお願い致します。
リサイクル料金について教えて下さい。
リサイクル料金は車一台につき一回だけ支払いが発生します。

【お支払い方法】
○2005年1月以降に新車を購入した際に、自動車販売会社へお支払い頂けます。 ○現在車を所有している場合は、2005年以降の車検時にお支払い頂けます。
○廃車時にお支払い頂けます。
リサイクル券って何ですか?
リサイクル券とは、リサイクル料金をお支払い頂くと発行される券です。
これは、リサイクル料金を支払ったという証明になりますので、大切に保管しておいて下さい。
廃車にしたいのですが、買取っていただけるのですか?
年式・車種、お車の状況などにより、買取りの可否、金額などが異なります。
まずは「廃車見積りサービス」からお問合せください。
桜井は、豊富なデータを元に他社にも負けない買取り金額をご提示できるように努力しております。
車検証に記載してある住所と、現在の住所が異なるのですが
住民票が必要になります。
(自動車を登録した後、引越しなどで1回だけ住所が変わった場合) 引越しなどで2回以上住所が変わった場合は、住所移転の経緯がわかるように戸籍の附表(本籍地の役所で取得)が必要となります。
登録時と苗字が変わっているんだけど
本籍地の役所で戸籍の抄本または謄本を取って添付してください。
転居を伴っている場合は抄本(謄本)と戸籍の附票を合わせてとれば住民票をとる必要はなくなります。
所有者が信販会社、ディーラーになっている場合は廃車できますか?
できますが、ローン完済前の場合、また完済後も所有権解除手続が必要になります。
(ローンが完済している場合)
ローンが完済している旨、廃車をする旨を信販会社・ディーラーに連絡して廃車手続きを行ってください。所有権解除が行われると次の書類が送られてきますので、それを廃車時に一緒に提出してください。
•1. 所有者の委任状
•2. 所有者の譲渡証明書
•3. 所有者の印鑑証明書

(ローンが完済していない場合)
残債があっても抹消手続き自体はできますが 、ローンのみを 引き続き支払いして、車輌自体は解体し、 陸運で抹消手続きをすることになります。
引取りお申込み時に、残債があることをお知らせいただき、信販会社・ディーラーへご連絡ください。
他県ナンバーの車を今の住所の近くの陸運で廃車できますか?
車の登録地の陸運でも、住民票のある地区の陸運局でも、どちらでも可能です。
車検証を紛失してしまいました。
陸運で「現在登録証明書」を発行してもらい、 あとは通常通りの手続きとなります。
自動車税を一部、未納ですが廃車できますか?
抹消手続き後、4月から廃車した月までの自動車税の請求書が自動車税事務所から送られてきます。その時にお支払いください。
解体証明書は発行してもらえますか?
もちろん発行いたします。解体証明書とは所有者の印鑑証明書が取れず、陸運局での手続きを行えない場合等に利用するものです。
古物商の許可を取った自動車解体業者が発行でき、その会社の古物登録番号や、解体した車の型式、解体日等が記入された書類です。
自動車リサイクル法について教えてください。
自動車リサイクル法とは、使用済み自動車から排出されるゴミを減らし、資源を有効活用する循環型リサイクル社会を構築するために車のリサイクルについて自動車メーカー、関係業者、(引取り業者・解体業者・破砕業者etc)、自動車の所有者の役割を定めた法律です。
所有者はリサイクル料金の支払いが義務となり、車は自動車リサイクル法の定める引き取り業者が自治体登録業者に引き渡すことが必要になりました。
自動車重量税(国税)還付制度について
解体された自動車は、自動車リサイクル法上の電子マニフェストにより解体の通知が確認された場合に、解体の届出と還付申請手続きをすることにより、車検の 残り期間に相当する重量税が還付されることになりました。(ただし、車検の残期間が1ヶ月未満のとき、自動車を輸出したときは対象外)

•3.引取り日時、廃車見積り金額などにご了承いただきますとお引取りに伺います。

•4.その後の手続き
1.(1) 引取り時に必要書類を受領いたします。印鑑証明書又は運転免許証でご本人確認をさせていただきます。
2.(2) 解体届出、重量税還付申請を最寄の陸運局で行います。
3.(3) 重量税還付申請書付表(還付金額、指定振込み口座が記載された証明書)が送付されます。
4.(4)重量税の受領(手続き後2~3ヶ月程度かかりますのでご了承ください)

販売についてのご質問

部品の値段はいくら位なの?
モノによって違いますが、例えば、下記の様な価格帯です。
お気軽にお問い合わせください。
在庫・納期も合わせてお答えいたします。
(例)
F廻り・・・新品純正部品の~50%
R廻り・・・新品純正部品の30%~50%
両側面・・・新品純正部品の20%~50%
中古部品って、品質は大丈夫なの?
当社の取り扱い製品は安心の品質保証付き。
(例)
エンジン・・・3ヶ月
ミッション・・・1ヶ月
他メカニックパーツ・・・1ヶ月
引取費用・廃車費用無料!!
送料は当社負担!!
スマートフォン版はこちら
yahoo!オークション
安い車修理なら「NGPエコひろば」へ
環境への取り組みについて
廃車王
廃車買い取りのサクライ
ISO/IEC 17021
ISO 14001
totop